外国・外資系企業進出支援サイト

外国人に快適な生活環境

[自然・文化・都市機能]

すべて揃った暮らしやすいまち

神戸港は、日本の鎖国時代の幕開けとともにいち早く開港し、それ以来港町として栄えてきました。港近くには外国人専用の居留地がつくられ、早くから外国文化を取り入れてきました。

市内に126カ国43,830人もの外国人が居住しています(2012年6月末現在)。豊かで快適な生活に必要なあらゆる条件を備え、外国人にとっても暮らしやすい環境が整っています。

自然・文化・都市機能

[暮らし]

オンもオフも満足な多彩な魅力

暮らし

東京や大阪といった大都市に比べて、神戸の住環境はとても恵まれています。十分な都市機能がありながら、広い住宅、安い物価、交通渋滞や満員電車の少なさ、短い通勤時間、そして治安の良さ…と、地方都市ならではの利点に富んでいます。

一方で自然環境も非常に豊かで、まちを間にはさむようにして南に瀬戸内の海、北に六甲の山々が控えています。六甲山への登山やスキー、須磨や舞子への散策や海水浴といった季節ごとのレジャーに気軽に出かけられるほか、日本古来の伝統文化に触れられる神社仏閣や温泉も市内各地で楽しめます。

もちろん、ショッピングや食べ歩きといった都心ならではのメニューも揃っています。おしゃれな街並みは全国的に有名で、日本人だけでなく外国人からも人気の都市です。三宮・元町周辺には一流ブランドのブティックが建ち並び、南京町をはじめ世界各国の味を提供するおいしいレストランがあちこちに店を構えています。神戸ビーフや神戸ワインといった世界に誇れる神戸の味も数多くあります。

こうした、まち本来の魅力に外国人が暮らし始めて130年余りという歴史が加わり、現在のような国際色豊かな都市になった神戸。市民レベルでの交流も活発で、仕事はもちろん、家族と過ごす週末も大事にしたいという外国人の方に、満足度の高い暮らしを提供することができます。

[交流]

さまざまな外国人コミュニティ、宗教施設が充実

外国人向けのコミュニティや各種の宗教施設も神戸港開港とともに早くから形成されてきました。外国人コミュニティは、欧米系、インド系、中国系、社交・スポーツクラブなど、歴史あるものから新しいものまでさまざまなコミュニティが育っています。

外国人にとって日常生活で欠かせない宗教施設も充実しています。仏教、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教、ジャイナ教などさまざまな宗教施設が神戸にはあります。こうした交流の場、そして信仰の場がきめ細かく用意されていることも、神戸が国際都市と呼ばれるゆえんです。

交流

[教育]

のびのび学べる8つの外国人学校

子どもの教育面でも神戸は、大変高い評価を得ています。市内にはカネディアン・アカデミイや聖ミカエル国際学校、神戸ドイツ学院、神戸中華同文学校など、8つの外国人学校があり、約2500人の外国人の子どもたちが在籍。のびのびとした環境で勉学に励んでいます。

神戸の8つの外国人学校
カネディアン・アカデミィ(神戸市東灘区) 神戸中華同文学校(神戸市中央区)
聖ミカエル国際学校(神戸市中央区) 神戸朝鮮初中級学校(神戸市中央区)
マリスト国際学校(神戸市須磨区) 西神戸朝鮮初級学校(神戸市長田区)
神戸ドイツ学院(神戸市灘区) 神戸朝鮮高級学校(神戸市垂水区)

[健康]

約200の医療機関が外国語に対応

病気やケガなど健康面でのトラブルには、市内約200の医療機関が外国語での受診に対応しています。

英語はもちろん、フランス語やドイツ語、中国語で診察を行っている医療機関もあり、外国人の皆さまの健康をしっかりサポートしています。

トップへ戻る